オーガニックコットン縫製工場

ドイツLeelaCOTTON社のオーガニックコットン製品をつくる縫製工場です。
LeelaCOTTON社の創業者Kemal Baktas氏が1990年初頭にドイツの大学に留学していた時、イギリスやフランスをはじめヨーロッパで問題となった狂牛病をきっかけに、ヨーロッパの人々はオーガニックの良さを再認識しはじめていました。
それを目の当たりにしたKemal Baktas氏も大変感銘を受けたそうです。
Bektas氏の親族の多くがトルコで綿花栽培やアパレル・縫製工場などの事業に携わっていてより効率化をすすめ近代化しているときでしたが、Kemal Baktas氏の説得により180度方向転換し人に環境にやさしいオーガニックコットンを目指していくこととになりました。
そして1992年ドイツ・ブレーメンでオーガニックコットン専門メーカーのLeelaCOTTON社を創業しました。


オーガニックコットンを専業にしている縫製工場です。
イスラム教国ですので女性の中には頭にヒジャブと呼ばれるスカーフを巻いています。


GOTSなどオーガニック認証団体の検査もありますので、大変清潔で整理整頓されています。

>オーガニックコットン畑>LeelaCOTTON社について※画像の無断使用・転載を固く禁じます。